FC2ブログ
   
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆このブログをお気に入りに追加する
☆このブログをお気に入りに追加する(スマホ版)

▽最後まで読んでくれてありがとう♪
よろしければクリック応援お願いします(*^^*)

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

2016年正月 風の谷のナウシカを鑑賞する


なぜナウシカなのか。
それが自分でもよく思いだせんとですよ。

それは2015年の秋(つい最近じゃん!!)
風の谷のナウシカ 」を見てみようと思い立ったことから
はじまりました。

なにか理由があったと思うんですが、
まったく思い出せない。

もしかしたら、音楽だったんじゃないかと思う。
「鳥の人」を久々に聞いてみたくなったからという気がする。



「なんだ、ナウシカが好きなんでしょ?」
と言われそうですが、
実はまったくそんなことなかったのです。

私の中でジブリ映画不動の1位は
『紅の豚』であり、

カッコいいとはこういうことさ♪

どちらかといえば
ナウシカはかなり下位ランクにいた
のです。

ではなぜ私の中でナウシカの人気がなかったのか。
それはナウシカが非常に難しい物語だからだと思います。

じつは昨年(2015年)秋にナウシカを見るまで、
長いこと彼女からは遠ざかっていました。

じつに子供の頃、金曜ロードショーで見て以来です。
いやあ、年がばれちゃいますね(笑)

しかしおそらくこれ(子供の頃にナウシカを見たこと)が
長いあいだナウシカを敬遠していた理由です。

なぜなら
①腐海が理解できない
②人間がリアルに描かれすぎた結果、
 善と悪がはっきりしない
③巨神兵が蘇った理由と、
 登場直後に死んだ理由がわからない


これが子供だった自分には難しすぎたんでしょうね(笑)

とくに②は子供だった自分には大きな問題で、
善も悪も持ち合わせる人間という生き物がよく書かれすぎたせいで、
『善が悪を倒す』という単純な公式がなくなってしまい、
「よくわからん、つまらん映画」という記憶が残ってしまった
ようです。(※1)

そこへいくと、ラピュタは非常にわかりやすかったですね。
善と悪がはっきりしてましたから。
だから、ラピュタは好きだったのです。
ムスカの真似をして楽しむこともできるしね☆
ムスカ同盟様 ムスカ アイコン素材
       ムスカ同盟様 ムスカ アイコン素材

ムスカ同盟様よりお借りした素材(現在閉鎖?)

しかし大人になった(?)今、
事態は一変しました。


なんと、押しも押されもせぬ存在だった紅の豚を、
ナウシカが凌駕する日が来るとは!!


人生は本当にわからんもんですね。
実をいうと、ジブリ映画は「千と千尋の神隠し」を最後に
見なくなってたんですがね。(※2)

さて、では「風の谷のナウシカ」という映画を理解できるように
なった結果、感想はというと……。

もう何も言うことはないです。
こんな素晴らしい映画を理解できなかったなんて長い間もったいないことをしました。


ラストは何度見ても大号泣で、口呼吸しかできなくなって不安になる始末。
(今むせたらどうしようとかさ。こんな時は一時停止して、鼻呼吸の回復を待ちます)

そんなわけで、余計なことは書く必要はないので、
一番好きなシーンを書こうと思います。

それは……クシャナが生きていたことを知り、
クロトワが「短けぇ夢だったなァ……
殿下!!」と叫ぶあの名シーン
です。

ただし、その名言(短い夢…)に惹かれたわけではなく、
その時のクロトワの声が素晴らしくて!!

もしかしたら多くの人が聞き流しているかもしれませんが
クロトワは
「短けぇ夢だったなァ」
とぼやいた後に、
「殿下!!」
と、声の調子を変えるじゃないですか。

自分用の声から、忠実な部下を装う声に
変わったわけです。


それがね……
まるで自分をみているようで。

なんせ私も、昨年末に退職した会社で
一見忠実な部下を装ってましたからね。
(そうじゃないときもあったが)

この人は私と同じにおいがする!!
そう思って以来、クロトワが気になって仕方がないです(笑)。

それと同時に、マンガでは後に忠臣になるクロトワですが、
「映画では、クシャナのことを大した存在だと思ってない」
と確信しました。
そのくらい、瞬時に声の調子を変える様が私と似てたんでね。
クロトワの声優さんは素晴らしい役者ですね(残念ながらもう亡くなってしまったようですが)


ちなみに子供の頃、クロトワはずいぶんおっさんに
見えたものですが、
クシャナ:25歳
クロトワ:27歳

には驚きました。
えっ、殿下の2歳上……? お似合いじゃないですか!

そして今ではマンガまで欲するように!!
2016年の目標にナウシカ全巻があるのは、こういう経緯からである)
子供の頃はマンガもグロ対象だったんだけど……変わるものですね。

ふう……非常に長くなってしまってごめんなさい。

けど新年早々、これだけ熱させてくれた
ナウシカに出会えたことに感謝
なのであります!!∠(・`_´・ )
この時代に生まれて本当によかった。


★以下、訳注
--------------------------------------------
(※1)善と悪の両面を持ち合わせているがため、子供の敵となる。
これはゲゲゲの鬼太郎のねずみ男にも言えることで、
しかしああいうキャラクターこそが良くも悪くも「人間」なのだろう。
水木先生自身も、皮肉交じりに「鬼太郎は正義の味方だから『無償』で人を助ける。
しかし『金に汚いねずみ男』こそ自分自身がモデルである」といっている。

(※2)なぜジブリを観なくなったのか。
おそらくハウルの原作であるダイアナ・ウィン・ジョーンズの本と
相性があまりよくなかったからである。
何冊か読んだが、読むのに忍耐が必要で、途中でやめてしまった。
(だからハウルはみていない)
それ以降、ジブリ映画を避けるようになった気がする。

☆このブログをお気に入りに追加する
☆このブログをお気に入りに追加する(スマホ版)

▽最後まで読んでくれてありがとう♪
よろしければクリック応援お願いします(*^^*)

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

theme : 映画感想
genre : 映画


No title

 『風の谷のナウシカ』と同じ年に公開された『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』が、マイ・フェイバリット・シネマです。

Re: No title

コメントありがとうございます(^^)/

『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』ですか!!

じつは『うる星やつら』は、あまり知らないのです……( ;∀;)
せっかくコメントいただいたのにお恥ずかしい!!

また機会をみて、じっくり鑑賞させていただきます♪
ありがとうございました!
Secret



カレンダー&アーカイブ


09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スポンサードリンク

最新記事

楽天市場




検索フォーム

ブックマーク

☆お気に入りに追加

☆お気に入りに追加(スマホ)

ランキング参加中

応援クリックして頂けると
嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

ツイッター

スポンサードリンク

最新コメント

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。