FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

独学でFP3級を取得する <その5> 勉強をするときの心がけ

先日、<その4>FPの勉強方法と保険
保険のことはなかなか頭に入らない(>_<)!
と書きました。

私はFPの中でなによりも保険を学びたかったので、
「難しいから後回し」
では話になりません!

保険をそのままにはしておけないため、
あえて他の項目より先に、「再度じっくり読む」を行いました。

結果。
「うーん、意外と覚えてるものだね!」
という感じでしょうか。

ざっと目を通しただけだけの1度目で、どれほど頭に
入っているものかと思っていましたが、
自分が考えているよりずいぶん覚えていることが多く、
これは嬉しい驚きでした。

その一方で、かなり曖昧なまま課題として残されていた
部分も多く、特に生命保険は後半がひどかったです。

そこで前回よりはじっくりと勉強に取り組みました。

さて、こうした「圧倒的に知識を学ぶことが多い」資格を
勉強するとき用として、(資格に限らないんだけど)
心がけている(?)ことがあります。

それは、
「本をよごす」
「書き込みはきたない字で書く」
ということ。

えっ、って思っちゃいます?
でもこれ、私には重要なことでした。

たとえば今までは
「本はきれいなまま残そう」
なんて考えていて、いつもきれいに使っていたんです。
本にマーカーをひくのは最小限、直接の書き込みなんて
もってのほか!みたいな感じでした。

ノートをとるときも、字はきれいに書かなくちゃ!
あとで見やすくしなくちゃ!
なんて、そればかり気にしていたんですよね。

はっきりいってこんなの、本末転倒です。

本は学ぶためにあるものなのに、
きれいに使う > どんどん学ぶ
と、優先すべきものを間違えていたんです。

ノートもきれいな字で書くことが目的になってしまい、
きれいに書く > あとで見返す
こんな感じで目的のすり替えが行われていました。

これじゃだめだーー!! 割り切るんだーー!!
と考えて以来、
どうせ汚くなるなら、はじめから汚くしちゃえ!
そうすれば後の私は困らないじゃん!!

と結果、上記のような心がけが生まれたわけです。

今では私が学ぶ本は、かつての私が目をみはるほど
きったないものになってます(^^;)

でもこれでいいのだ!
私は勉強のためのツールを使い間違ってた。

さて話を戻して保険の勉強は、なんとかひと段落。
だいぶ頭に入ったと思います。
最後のページの簡単な問題も、ほとんど解けて一安心。
(一度目は、見た瞬間 「えっ?」 ってなったので)

自分の勉強法を確立していくことは本当に大事。
さて、次は相続です。

相続は金融や不動産より抵抗がないから、
だいぶ楽にすすめそう!!

どんなことが学べるのか楽しみ♪
☆このブログをお気に入りに追加する
☆このブログをお気に入りに追加する(スマホ版)

▽最後まで読んでくれてありがとう♪
よろしければクリック応援お願いします(*^^*)

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

theme : FPの資格をとろう!
genre : 就職・お仕事


Secret



カレンダー&アーカイブ


08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スポンサードリンク

最新記事

楽天市場




検索フォーム

ブックマーク

☆お気に入りに追加

☆お気に入りに追加(スマホ)

ランキング参加中

応援クリックして頂けると
嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

ツイッター

スポンサードリンク

最新コメント

RSSリンクの表示